「門」

今回のブログは昨年末に撮影した写真で構成しています。ネタ切れ用にとっておいたものですが実はネタ切れではありません…色々あって時間が取れず次の処理が終わっていないために仕方なく放出しました。(笑) 韓国庭園の「門」に面白い模様が出ていたので見渡すと各所に見受けられたので興味を持って撮影したものです。それにしても韓国の家屋はいろいろな縁起的な仕掛けを随所に施しており、いかに魔に付け入られるのを恐れているかがよく分かります。まぁ日本でも同様な縁起を担ぐことは多々あるので何処の国でも安泰な暮らしを願っていることには違いがないでしょう。…あぁ魔除けの話ではなかったですね…板壁や梁、桟などに独特の模様が出ておりどうしてこんな芸術的な造形が生まれるのか不思議に思って探してみたのでした。色など塗ってしまうと分かりづらいのでしょうが白木の場合は自然の雨風に晒されて余計に味が出るもののようです。あまり撮るものがない時期だったので宝探しのように楽しんで撮影しました。(笑)♪

Nikon Coolpix P610 F3.3-6.5 4.3-258mm

1.Monpi.jpg
門の入り口の板塀…何でも前日の大雨で模様がハッキリ
出てきたとのこと…。

2.Moyo.jpg
梁の丸太にこんな模様が…最初に気づいたのがこれです
…勢いが感じられます。

3.Hari1.jpg
おなじく梁の丸太…此方は星形の模様で大河ドラマ
の明智光秀の桔梗紋と言いたいところですが違いま
すね。(笑)

9.Rin1.jpg
これはお寺でよく見る風鈴のようなものですが…
これも縁起物でしょうね。

13.Kusa.jpg
月池からの流れには青々とした草が…陽を浴びて…
とても綺麗でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

hamatetsu
2020年03月25日 20:01
気楽人さんへ。
流石に目の付け所が凄いですね、木目もそうですが模様は何故あの様につくのか? 気になりますね・・・色々と創造、推測してしまいます。
気楽人
2020年03月26日 11:02
Hamatetsuさんへ
これまた早々にコメントをありがとうございます。♪

木目の模様ですが面白いですよね…以前、川崎埠頭の材木置き場で
太い木の断面に同様の迫力ある模様が出ていて撮ったことがありま
すがどうしてそうなるのか不思議です。木材って管理次第では一番
耐久性があるようですね…貴重な資源です。
dp4wd
2020年03月28日 18:57
気楽人さん

こんばんは。桜の花が咲き始めましたが、新型コロナウィルスのため
とても撮影に出る気分になりません。
当分は収まりそうにありませんし、今年はこんな感じの暗い1年に
なりそうな気がしてます。

さて、今回ご紹介いただいた「門」ですが、日本の建築と
比べるとやはりちょっと変わってますね。
特に目を引いたのは、梁の小口の模様で日本の建築物だと
ここから水分が入ることを嫌うのでこんな風になっていることは
まず無いように思います。
いや、むしろこの塗装のようなもので同じ効果を狙ったのかな??

その一方で瓦の模様などは、日本の瓦でも以前はよく見られた
ものでどこか通じる部分があるな~と思いました。

障子に写った影、こんなところにも心遣いがあるのかもしれませんね。

こちらでは、韓国などの施設や庭園はありません。
一度機会があれば訪れてみたいです。
気楽人
2020年03月29日 11:26
dp4wd師匠、コメントありがとうございます。♪
新型コロナウィルスですが確かに少し長引きそうですね。
先日は外出自粛報道を受けて当方&仲間も定例の飲み会を
中止しました。店からは淋しかったと言われましたが…(笑)

流石に師匠は建築がらみの視点で見られてますね…私は全く
分りませんので…そうなんだと思うばかりです…。m(__)m
建物そのものは確かに違うとは思いますがそこまでですね。