☆気楽人☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 洗足池

<<   作成日時 : 2017/02/06 17:53   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

良く晴れたあまり寒く無い日を狙って近くなのに一度も訪れたことがない洗足池に行くことを決めました。池上線の久が原には会社時代の上司が住んでいましたし、妹も今は石川台に居を構えています、友人の道場(合気道)も池上にある等々…そんな意外にも縁がある池上線なのに洗足池には行ってない…この辺が少し気になっていたのでした。(笑) 何と洗足駅の真ん前に洗足池はありました…一応、案内図を探しておいたので近いのは分かっていましたが目の前とは…こんな分り易い所はそうそうないのではないでしょうか。此処は昔、「千束池」と云われてたのが日蓮大聖人がこの池のほとりにある松の木に衣をかけて足を洗ったという故事により以降、「洗足池」というようになったとか…。歴史がある所なので史跡も多く江戸開城の立役者である勝海舟と西郷隆盛の碑などもあるので歴史好きな人には堪らないところなのではないでしょうか。それでは写真でご案内することと致しましょう。
Nikon D750. Tamron 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD (A010)

画像

駅前のボートテラス建物の横から、すぐこのような景色が…。

画像

「中原街道」改修の記念碑が…かなりの悪路だったらしい。

画像

池の周りの寸景を少し…古い樹々が池の風情を演出しています。

画像

葉を落とした樹もなかなかいい感じで気分も爽快に…。

画像

素晴らしい天気で空を見上げるとこんな景色が見えます。

画像

ミニ錦帯橋のような橋が…この太鼓橋、中々風情があります。

画像

…という訳で何点か撮ってみました…子供らがはしゃいで…。

画像

こんな格好いい橋があるなんて思ってもいませんでした。

画像

どうですいい感じでしょう…此処にもカワセミが居るとのこと。

画像

この様なスワンボートに乗ってる人が結構いましたね〜。

画像

名馬「池月号」の碑…源頼朝が千束池で宿営した時、この馬が現われた。馬体逞しく、その青毛は池に映る月光の輝くごとく美しかったので「池月」と命名し頼朝の乗馬にしたと書かれている。

画像

ハトを2点…寒かったのか碑の前で日向ぼっこをしていた。

画像

樹の上から見られてましたので…此方も撮りました。(笑)

画像

スズメちゃんが何か木の実を啄んで…ISO1600にて撮影。

画像

最近はどこの池にも錦鯉が…環境に強いのかも知れませんね。

画像

遺物が…昭和九年と刻まれてる…橋に使う石のようですね。

画像

これも古いポンプのようです…囲んであり何か謂れがありそう。

画像

こういう所にはよくある弁天堂です…何なんでしょうね〜。

画像

水生植物園側にある杭…面白いパターン…何かの防御柵か!?

画像

ボートが狭い水路にも…此処にカワセミが居るというのに…。

画像

水生植物園の八ッ橋…此処から色々と観察できるように…。

画像

同じく八ッ橋…とてもいい感じに造られていますね〜。

画像

デッキの休憩所…この腰掛がユニークで気に入りました。

画像

池の廻りを歩いてて見つけた塀…場所に似合ってます。

画像

南洲西郷隆盛の留魂碑…勝海舟が追慕の為に建立したと。

画像

中にはこのような碑が何個もある…「獄中感あり」等の碑など。

画像

留魂祠…西郷隆盛と勝海舟が大政奉還後の江戸城明け渡し交渉によって無血開城し首都東京の基を築かれた。その後、西郷隆盛は西南戦役により戦死、勝海舟は追慕の留魂祠を建立した。等々の由来が書かれている。

画像

顕彰碑…無血開城碑ともいえる内容でその経緯が書かれている。

画像

すぐ横には勝海舟の墓が夫人と共に仲良く蒙られています。

画像

御松庵にある日蓮大聖人の銅像…キリッとした相貌ですね。

画像

洗足池ボート乗り場…駅からは真っ先にこれが見えます。

画像

「あっ!」ありました…何処に行っても見かける忘れ物です。(笑)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
気楽人さんへ。
結構頑張って出歩いていますね、洗足池行った事は有りませんがとても見ごたえのある良い所ですね、ハイキングをした気分になりました。
hamatetsu
2017/02/09 00:33
Hamatetsuさん、早々にコメントをありがとうございます。♪
近くにあるのに行ってない所が結構ありますね。ズーラシアや四季の森なども未だ行ってないですし…。(笑)
Hamatetsuさんもカワセミばかりであまり出掛けませんね。(爆)
気楽人
2017/02/09 11:55
気楽人さん
この時期は池もひっそりとして生物の存在を感じませんが、春からなるになる頃にはいろいろな虫や生き物が居そうだな〜と思いながら拝見しました。
水中の杭などを見るとトンボが羽化するかも?なんて想像しながら拝見しました。
弁天堂ですが、此方のちいさな公園の池にもありますね。当時の流行というわけではないと思いますが、何かしらの意味合い、水難事故を防ぐとかの意味があるのかな〜なんて思いました。

しっかりした記念碑を見ると、同じ公園でも随分由緒正しい場所なんだと思います。
春以降ぜひまた行ってください。(^^)
dp4wd
2017/02/12 07:56
dp4wd師匠、コメントありがとうございます。♪
出掛けてて遅くなりました。m(__)m 師匠の見方は、また人とは違いますね…ここから昆虫の羽化等を思うなど、流石に師匠だなと思わざるを得ません。
そうですね昆虫の季節にはまた出掛けてみる手はありますね。♪
気楽人
2017/02/13 16:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
洗足池 ☆気楽人☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる