キタテハ他

鼠径ヘルニアの手術はお蔭様で無事に終わりました。…しかしながら患部の出っ張りは以前と変わりなく治ったという実感がありません。執刀医いわく「水が溜まっているので徐々に治っていく」とのことなのですが…経過をみるしかないですね。皆様には励ましのお言葉をいただきありがとうございました。さて今回のブログは当然のことながら術前に撮ったものです。寒くなってきて…もう何も居ないかなと思っていたのですが…キタテハが沢山飛んでて驚きました。他の蝶も少ないですが結構いましたね。キタテハですが…この蝶はかなり寒くなっても居たような記憶があるのでウィキペディアで調べてみました。・体長:22-34mmの中型の蝶・翅の縁に大小の突起があり先がとがっている・翅の色は黄色地に黒い斑紋がある・夏に発生する夏型はくすんだ黄色で斑紋も大きい…秋型は黄色の部分が鮮やかな山吹色で褐色の縁取りが薄く黒い斑紋も小さい・秋型のキタテハはそのまま越冬し軒下や葉裏でじっとしている…冬に時折日光浴に出てくることがある・翅の裏側は赤褐色で枯葉にまぎれる保護色をしている・食草はクワ科のカナムグラ…何処にも生える野草で市街地でも頻繁に見られる・キタテハは北海道から種子島まで日本全国で見られる…等々。シオンの花が全盛で咲いていたこともあり一つの株に三頭のキタテハが止まっているのも目撃しました。今回、撮ったのは紛れもなく秋型の色鮮やかなキタテハでした。越冬するそうなのでまだまだこれからも撮ることになりそうですね。(笑)
Nikon Z50 Nikkor Z DX 16-50mm F3.5-6.3 VR

1.Kitateha2.jpg
キタテハ…とてもシャープに解像しています…キット
レンズとは思えません。

2.Kitateha3.jpg
シオンの花に、ご執心です…ハエのような小さい虫も
沢山、止まってました。

3.KItateha4.jpg
確かに秋の方が綺麗ですね…夏型は全体的に黒ずんで
くすんだ感じがします。

4.Kitateha5.jpg
うむ、まさに秋型のキタテハですね…鮮やかな山吹色
です…何故か菊の葉に…。

6.Tsumaguro.jpg
ツマグロヒョウモンの雌が一頭だけ…ランタナの花が
お気に入りのようです。

7.Tsumaguro2.jpg
此方はツマグロヒョウモンの雄です…この蝶は雌の方
が断然、綺麗ですね。

8.Kiageha1.jpg
居ましたキアゲハです…まだ比較的損傷のない個体で
すね…撮れるとは…。

11.Kiageha4.jpg
逃げずに翅を拡げてくれましたキアゲハにしては若干
小ぶりかも知れない。

12.Benisujimi.jpg
ベニシジミも居ました…しかも翅を全開に…色が褪せ
ているのが残念ですが…。

14.Akanetonbo.jpg
今年はあまりお目に掛かれなかったアキアカネが…
これ一頭だけでした。

16.Hirataabu1.jpg
ヒラタアブが吸蜜のためアザミの花に…止まり難いの
か中々止まりません。

17Hirataabu2.jpg
やっとっ先端に止まりました(笑)…やはり止まり難い
んでしょうね~。

19.Ojiroasinagazoumushi2.jpg
この虫オジロアシナガゾウムシというらしいシッカリ
しがみついてます。

20.Ojiroasinagazoumushi3.jpg
小さい虫なのでかなりの拡大率です…どうです鳥の糞
みたいですよね。(笑)

22.Ookamakiri2.jpg
アップにしたら…顔に三つの黒い瘤が何か普通のカマ
キリではないような。

23.ooKamakiri3.jpg
此方は別のオオカマキリだが…顔は綺麗です…明らか
に前のと違いますね。

25.Kinsibai.jpg
季節外れのキンシバイが…でもとても綺麗に咲いてい
ました…一輪だけ…。

29.Furasabaso.jpg
フラサバソウというらしい…野草でしょうね食虫植物
みたいな花ですね。

30.Take.jpg
韓国庭園の竹です…何回撮っても上手くいかない…
これは割と良い方です。

33.Mukago.jpg
ムカゴの仲間という…擂りおろしてトロロ状にして食べ
るという…此処を手入れしてるオジサンに教えて貰った…
一つ呉れたので女房に渡したら栗ごはんみたいにしてく
れた…まぁまぁの味でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

hamatetsu
2020年11月18日 19:48
気楽人さんへ。
手術無事に終わり良かったですね お大事にして下さい。
森 進一の歌ではないですが花が♪女か 男が蝶か♪ "花と蝶"良いですね
ゾウムシのしがみついてる姿面白いです。
気楽人
2020年11月19日 16:44
Hamatetsuさんへ
早々にコメントをありがとうございます。♪
お蔭様で無事に手術は終わりましたが…どうもスッキリしないです。(笑)

♪花と蝶♪ですか…考えもしなかったですね~。
ゾウムシは写真ではよく見てましたが実物を見たのは初めてです。
とても小さい虫です…1㎝位ですのでかなりの拡大率なんですよ。
この虫もいろいろな種類が居ますね…しかし見つけるのが難しい
と思います。
dp4wd
2020年11月21日 20:40
気楽人さん

ヘルニアの手術、無事のご帰還おめでとうございます。
完治までもう少しかかりそうですが、きっと大丈夫だと
思います。

今回はたくさんの虫が登場してて、ワクワクでした。
キタテハとツマグロヒョウモン、それにベニシジミは
まさに同じような感じで先日見かけました。

そして、何より目を引いたのはゾウムシです。
私もこの種類を撮影したのですが、大きさが随分違う
ようです。私が以前見つけたのは、体長5㎜ほどでした。

またカマキリさん、元気そうですね。
ハリガネムシが居ないといいですね。
気楽人
2020年11月22日 11:46
dp4wd師匠、コメントありがとうございます。♪

鼠径ヘルニアは…膨らみがとれるのに約2ヶ月くらい掛かる
と医師から言われました。来年1月に経過確認です。御心配を
お掛けしました。

先日、身体慣らしに散歩に出ましたが流石に蝶類はあまり見か
けませんでした…寒いですもんね。
ゾウムシですが師匠が言われてるように5㎜位かもしれません。
回りのセイタカアワダチソウの花を見ればそんな感じですね。